所員紹介

PEOPLE

HOME / 所員紹介 - 安達 伸伍
ACTION 行動力

前に踏み出し、失敗しても
粘り強く取り組む力

Shingo Adachi
安達 伸伍

多田国際への入社のきっかけ

私は以前、まったく畑違いのシステムエンジニアとして働いていましたが、未経験でもチャレンジさせてくれるフィールドが多田国際にあったことです。

転職を考えた時期に世間では『働き方改革』『ワークライフバランス』といった話題が多くなり出した時でした。私はもともと“人”と接することが好きな性格でもあり、ぼんやりと『人事・労務』に携わる仕事がしたいと思いはじめていました。その後、少しずつではありますが、まず何からはじめればいいのか情報収集をしていた時期に、人事・労務の専門職である社会保険労務士の仕事を知ったことがきっかけとなりました。

ですが、新しい分野にチャレンジしようと思っても、無資格・未経験で、結婚したばかりだったので、なかなか転職活動をする気持ちになれませんでした。

ある日、偶然ふと見た『未経験でもチャレンジ精神を大切にしている多田国際社会保険労務士事務所』の募集案内を見たときに、『今だ!!』と直感が働き、思い切って応募しました。内定を頂いた時は、新しいフィールドにチャレンジする喜びが大きく、未経験、無資格の不安はなくなっていました。

今担当している仕事は?


アウトソーシング部で複数社のクライアント企業を担当し、給与計算、社会保険の諸手続きをメインに行っています。

その中でも給与アウトソーシングの導入前指導や、賃金・社会保険手続きに関する労務相談に従事しています。弊所のアウトソーシングは、クライアント企業の人事労務の方との関係性が蜜で、従業員の方々のライフステージをどのように構築してきたいのかを、しっかりとご意向をお伺いし、それを反映した高付加価値サービスの提供が特徴です。

例えば退職をされる方に対して、給与や社会保険のことについて伝えておくべき事項を事前にお知らせし、人事労務の方々の業務効率化をサポートすることです。常にアンテナを張り、クライアント企業やに対して、対象とする従業員の方々に方や、タイミング、何を伝え、どのように対応するかをタイミングや伝え方を考えながら仕事をしています。私はこれが、顧客満足度を高めるサービスの提供だと思っています。だから、クライアント様と会った時に、「サポート、いつもありがとう」と言われる事が今の私のやりがいです。

多田国際に入って良かったこと

入所してすぐに、社会保険労務士資格を得られたことです。

未経験だった私は、給与計算の仕組みすらまったく理解がありませんでした。でも、クライアント企業にとっては、未経験も経験者も関係なく、多田国際社会保険労務士事務所のスタッフとして見られます。だから「知らない」では許されませんでした。

最初は、先輩社員に厳しく指導されて、めげそうになる時もありましたが、徐々に知識が増えて様々な質問にも答えられるようになってきました。その知識の体得は、弊所の社内教育制度がしっかりしていたこと、資格支援制度があったことが大きな要因です。きっと、ココで働かなかったら社会保険労務士として働く自分はいなかったと思っています。

WORKING STYLE

  • 09:00 │ 出社

    メールチェックと部内ミーティング

  • 10:00 │ 顧客対応

    社会保険手続きにおける相談対応

  • 12:00 │ ランチタイム

    担当するOJTの新入社員と交流をかねたランチ

  • 13:00 │ 給与計算導入作業

    新規顧客のアウトソーシング導入設定

  • 16:00 │ OJT教育対応

    新入社員への給与計算・社会保険手続きの教育を行う

  • 18:00 │ 退社

    1日の業務連絡後退社

これからチャレンジしたいこと

もっと実務で知識と経験を積み、上流工程の提案業務にチャレンジし、給与計算、社会保険手続きの労務アウトソーシングのスペシャリストになりたいです。

クライアント企業にとっての業務の最適化のアウトソーシングは当然なのですが、そこに働く従業員の方々のライフステージを把握した提案をすることで、少しでも社会貢献したいと考えています。

最近は『働き方改革』による様々な制度がありますが法令に遵守しつつも、企業風土を反映したオーダーメイドのアウトソーシングを『提案』⇒『導入』⇒『実施』⇒『継続』としていくことで“働く人を笑顔にさせることができる”と思っています。

所員紹介

エントリー

ENTRY

採用エントリーはこちらから受け付けています。
たくさんのご応募お待ちしております。

ENTRY