所員紹介

PEOPLE

HOME / 所員紹介 - 松島 今日子
THINKING 考え抜く力

疑問を持ち、考え抜く力

Kyoko Matsushima
松島 今日子

多田国際への入所のきっかけ

前職では一般的なアウトソーシング会社に勤務しており、主に社会保険手続き業務を担当していました。経験を積んでいく過程で、人事労務分野について『幅広く』かつ『より深く』学び、知識とノウハウを身につけたいと思うようになりました。

そのような時、多田国際社会保険労務士事務所の存在を知り、『労務分野の知識とノウハウを隅々まで体得できる』、『クライアントにより密着したサービスを心掛けている』ところに魅力を感じました。自分自身の経験を活かしながら、キャリアアップを目指せる場所であると思い転職しました。

今担当している業務

アウトソーシング部で、入所してから携わりたかった給与計算の業務に従事しています。

今振り返ると、前職では、社会保険の諸手続きに従事していましたが、給与計算との関係性や、法令の決まりごと等には深く関心を持たずに処理していました。

弊所では、クライアント企業が法令に遵守して、最適な給与計算が実施できるようサポートを行っています。そのためには、様々な給与体系や手当の特性、個々の処理の意味、他項目との関係性などを完璧に理解していないといけません。
また、単純に『右から左』に流すだけの計算作業ではなく、クライアント企業の労務環境や特性、要望等を理解する必要があります。その上で、法令や通達、昨今の行政動向等を確認しながら、その処理が妥当か、潜在的な課題がないか等イメージしながら処理を進めます。それがクライアントの労務環境の安定に繋がると考えています。

最近では、人事労務担当の方より、法令に遵守した適切な時間外手当の支払いや、育児休業時の給与に関する質問等を多く受けます。そのような時は、『相手がどの部分を理解していないか、どのように伝えれば従業員の方に説明し易くなるか』をよく考え、回答するように努めています。

多田国際に入所して良かったこと

一番は、人事・労務分野の業務を多面的に理解することが出来るようになったことです。

これまで従事してきた社会保険の諸手続きを、この事務所に入所した今なら、基本や応用力が身についたこともあり自信を持って進めることが出来ます。
クライアント企業の人事労務担当の理解が深まり、より連携がスムーズになった時、自分の知識やスキルによって、社会貢献出来ている喜びを感じます。そんな時が今の私にとって、多田国際に入所してよかったと思える瞬間であり、『キャリアアップ出来ている』ことを実感します。

WORKING STYLE

  • 09:00 │ 出社

    メールチェックと部内ミーティング

  • 10:00 │ 書類作成

    クライアント企業の退職者に対する諸手続き資料の作成

  • 12:30 │ ランチタイム

    社労士の先輩社員とランチタイム

  • 13:00 │ 給与計算

    給与の控除計算処理

  • 15:00 │ 顧客対応

    育児休業に伴う給付金の相談対応

  • 17:00 │ 社会保険手続き

    月額変更届け等の書類作成

  • 18:00 │ 退社

    明日のスケジュール確認後退社

これからチャレンジしたいこと

人事・労務の専門性を極めていくことにチャレンジしたいと思っております。

弊所では、様々な規模・業種のクライアント企業のサポートをしており、多種多様な人事・労務環境があることを実感しています。これから、もっと様々な経験を積んでより多くのクライアント企業の力になりたいと思っております。

それには、やはり知識が必要となるため、日々自己研鑽に励んでいます。また、今は“社会保険労務士資格取得”を目指すために、働きながら資格の勉強をしています。
幸いなことに社会保険労務士の資格を保有する先輩社員も多く、目指すべきキャリアモデルが描きやすいため、チャレンジを可能にするモチベーション維持ができております。

所員紹介

エントリー

ENTRY

採用エントリーはこちらから受け付けています。
たくさんのご応募お待ちしております。

ENTRY