所員紹介

PEOPLE

HOME / 所員紹介 - 三澤 高
TEAM WORK 組織力

仲間と共に、目標を達成する力

Takashi Misawa
三澤 高

多田国際の将来の何に期待しているか

期待していることは、“個”の強みを活かしたチームコンサルティングスタイルで、人事・労務分野の『パイオニア』的な組織へ成長することです。

私自身、社会保険労務士・中小企業診断士と2つの士業資格を保有しており、常々、士業はいつの時代でも“個”が主役であると考えてきました。

昨今、会社のニーズや、諸問題が多様化しており、この市場環境の流れは今後も継続すると思われます。そのような中、より多くのクライアント企業の期待に応え満足度を高めるためには、“個”ではなく、強みを持ち合わせる“個”と“個”が協力し合う“組織力”で対応する方が、より多面的なサポートが可能になると考えています。

弊所には、スタッフ一人ひとりが築いてきたスペシャルな能力を尊重し、互いの知識を共有し合う風土があります。この風土を大切にしながら、組織力を高めていけば、クライアント企業の予想を超えるクオリティーの高い問題解決・提案を生み出すことが出来ると自負しております。

今担当している業務で大切にしていること

マネージャーとして、何よりも大切にしていることは、『顧客第一』『顧客の創造』です。

クライアント企業は、問題が発生した場合、影響を最小限に抑えつつ迅速に解決することを望み、弊所に依頼されます。そのような状況の中で各種対応を進めていくと、目の前の問題ばかりに注力するあまり、真の課題が見えておらず、行き詰まりを感じているケースが多々あります。

多くの企業がそうだと思いますが、問題の顕在化は当たり前で、真の問題は見えない所にあり、それを見つけ出し解決する所に、我々の存在価値があると思っております。

よって我々は、その顕在化している問題の原因追求をとことん行い、同時にクライアント企業の“未来のあるべき姿”に近づくために、どのようにアプローチすれば良いかを考えながらサポートします。時には言い難いことも伝えることがありますが、“未来のあるべき姿”へ導く考えをしっかり誠意をもって伝えることで、クライアント企業からの信頼を得ております。

このスタイルが弊所の掲げる“真のパートナー”であると考えています。

組織にある今の課題

弊所は、設立16年目に入り、いわば第二の成長段階といえます。
これまで、目の前にあるコンサルティングを丁寧に行うことで、クライアント企業の信頼を得てきました。今後の労働環境は、少子高齢化、働き方の多様化等の要因もあり、今まで以上に変化が激しくなることが予想されます。そのような中、更なるクオリティーとスピードをもって、クライアント企業毎に最適なサービスの提供をしなければ、満足していただける課題解決は不可能であると考えています。

その為には一人ひとりが専門能力を磨き、輝くキーパーソンに成長していく必要があります。そういう意味では、これまで以上に人材育成が重要となり、今後の課題だと考えています。

「多田国際のスタッフはどの人も優秀であり、かつ信用できる」事務所だと思っていただくために、机上論ではなく、実践で知識とノウハウを養っていく教育プログラムにも力を注ぐ計画をしております。
また、社会保険労務士業は、社会インフラを担っており、日本経済にとって重要な職業です。一人ひとりがそのことを自覚し、今まで以上に責任感を持って仕事に向かう事が必要であり、そのような風土を作っていきたいと考えております。

課題へのチャレンジ

私は、『組織に完成はない』と思っております。先ほど申し上げた通り、現在は第二成長期の段階であり、組織の課題は次から次に舞い込できます。マネージャーとして、時には『アレがあれば』『コレがあれば』と思うこともありますが、環境は与えられるものではなく、自らの手で創り出すものだと思います。

自分一人で解決できない課題であっても、それを支援してくれる沢山の仲間やパートナーが内外問わずおります。
仲間やパートナーと共に課題を乗り越えた時の喜びは、普段の喜びの数倍以上です。だから私自身として、課題へのチャレンジを楽しむことにしています。

WORKING STYLE

  • 09:00 │ 出社

    メールチェックと部内ミーティング

  • 10:00 │ 外出

    新規顧客の労働時間の状況分析報告と提案

  • 11:30 │ 経営会議

    所長の多田と組織戦略の打合せ

  • 13:00 │ ランチタイム

    部下作成の顧客資料を確認しながらのランチ

  • 14:00 │ 部下指導

    部下に顧客資料の指導とレビューチェック

  • 15:30 │ 外出

    海外進出クライアント企業の役員と
    人事戦略打合せ

  • 17:30 │ 来訪

    M&A計画のクライアウト企業に
    人事・労務デューデリジェンス中間報告

  • 18:30 │ 管理業務

    上期評価面談と下期目標設定シートの
    作成サポート

  • 19:30 │ 採用面接

    中途採用者面接対応

  • 20:30 │ 退社

    明日の打合せ資料準備後退社

チャレンジの過程において現在、有意義(うれしさ等)に感じること

やはりクライアント企業と議論を重ねて課題・問題に立ち向かい、解決出来たときが一番嬉しいです。

つい先日、M&A案件の仕事がありました。
スケジュール、難易度ともにとてもハードな案件で、一人では到底対応できない内容でした。プロジェクトチームを結成し、各メンバーが得意分野の知識・スキルを出し合い取り組んだ結果、当初の予定よりも早く業務が完了し、かつ内容・密度共に濃いものに仕上がり、クライアント企業に満足していただくことができました。

本件を通じて私は、仲間で成果を得たプロセス、仲間一人ひとりが成長していく姿を見られたことが、言葉にならないほどうれしく、これこそ組織で動く醍醐味であると感じました。

あらためて、この事務所の『人材力・チーム力』に感心しました。是非、これから新メンバーになる方々とも、このような醍醐味を共有し合い、共に成長していければと考えております。

後輩社員(これから入社してくる方)へ求めること

弊所は、能力、経験よりも“人間力”に重きを置いています。
経営理念の“協奏”にあるように、クライアント企業、パートナー、仲間、家族を常に大切にし、日頃から『感謝の気持ちを』を持っている方と是非一緒に働きたいと思っています。また、『失敗を恐れない行動力』、『自ら考え積極的に取り組む心』さえあれば、弊所には挑戦できるフィールドが限界なくあります。これから社会人になる方はもちろん、キャリアチェンジを考えている方にとっても、自らの人生を開拓できる組織風土があります。

挑戦無しに、何も達成することは出来ません。是非、弊所に関心を持っていただいた方は、心配しないで飛び込んできてほしいと思います。

一人ひとりが主役になり、クライアントの“真のパートナー”となるべく、一緒に成長していきましょう。

所員紹介

エントリー

ENTRY

採用エントリーはこちらから受け付けています。
たくさんのご応募お待ちしております。

ENTRY