多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 労務管理書類-改正育児介護休業法対応実務ツール
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

HOME  >  事務所紹介  >  中国労働法コラム

中国労働法コラム


〔第6回〕 外国の方が中国に出向または中国で就職する際の手続き  2012.10.1

中国では、外国人の滞在日数が15日を超える場合、留学、就労、定住、訪問などの事由であれば、目的に沿ったビザを取得する必要があります。駐在員、現地採用などで長期滞在する場合は、必ず中国の法律に従い、「中華人民共和国外国人就業証」と「外国人居留証書」を取得しなければなりません。
最近では不法就労に対する取り締まりが厳しくなっていますので、現地の法律にのっとり正しい就業書の申請手続きを行うようにしましょう。

執筆者:張 春偉

コラムPDFダウンロード

〔第5回〕労働契約書の内容と実務上の注意点   2012.9.1

 中国の労働関連法律では、会社は労働者を雇用する際に、労働契約を締結しなければならないと定めています。労働者とトラブルがあったとき、労働契約の条項に従って解決するのがほとんどですので、労働契約の内容は非常に重要です。
 労働契約を締結する際は、①試用期間があっても、労働契約は試用期間中に締結すること、②労働契約は人事の目の前で署名すること、③締結時には身元確認を行い、身分証明書のコピーを保存すること、④試用期間はみだりに設定しないこと、を注意しましょう。

執筆者:張 春偉

コラムPDFダウンロード

〔第4回〕外国人の中国社会保険への加入について   2012.7.1

2011年9月6日、中国人人力資源及び社会保険補償部は「中国国内で就業する外国人の社会保険加入に関する暫定弁法」を交付し、2011年10月15日より施行されています。
同弁法では、「外国人就業証」などの就業証類及び「外国人永久居留証」を持ち、中国国内で就業する外国人とその雇用者に対し、「五金」に加入しなければならないと定めています。「五金」とは、基本養老保険・基本医療保険・労災保険・失業保険・生育保険の総称で、社会保険料の納付率は地方ごとにことなります。
現在、中国と社会保険に関する租税協議を締結している国はドイツと韓国のみで、日本政府とは、2013年の協定発効を目指し交渉中です。日中社会保障協定が早期に締結されれば、日系企業の社会保険料負担が軽減することが考えられます。

執筆者:張 春偉

コラムPDFダウンロード

〔第3回〕中国の労災について   2012.6.1

中国の現地法人は、従業員に対し社会保険(養老保険、医療保険、生育保険、労災保険、失業保険の合計5種類)に加入させることが義務づけられています。
労災保険について、会社は毎月、前年度の平均月額の0.5%を労災保険金として納めることになっています。その他、労働能力障害1~10級と認定された被災従業員に対して、会社側は、①労災を治療する期間における賃金 ②障害就業補助金(労働契約を解除する際) ③毎月の障害手当(労働能力障害5~6級)を支払うことになっています。
日本との大きな違いは、①休業補償がなく、会社側が治療する期間の賃金補償をすること ②一定の障害に該当した場合は、定年まで賃金補償をしなければいけないこと などが挙げられます。

執筆者:張 春偉

コラムPDFダウンロード

〔第2回〕中国労働法における休日、休暇について   2012.4.1

中国の休日は、法定休日と法定外休日に分けられます。法定休日は年間11日あり、法定外休日は、毎日の勤務時間が8時間、勤務日が週5日と定めた「標準工作時間制度」では、土日と休日としていますが、業務内容により平日の2日間を休日とする会社もよく見られます。
休暇の種類は、①年次有給休暇 ②病気休暇 ③労災休暇 ④慶弔休暇 ⑤女性従業員の特別休暇 ⑥特別休暇 ⑦里帰り休暇 ⑧会社の福祉休暇の8種類があります。
①・③は日本にもありますが、運用は違います。その他の休暇は、日本にはない制度で国の文化の違いがよく理解できます。

執筆者:張 春偉

コラムPDFダウンロード

〔第1回〕中国労働法における労働時間制度について   2012.3.15

中国では労働時間制度についての法律用語は「工時制」(工作時間制度)です。
中国現行の法律では、労働時間制度には「標準工時制」、「綜合工時制」、「不定時工時制」と三種類があり、それぞれは、日本の法定労働時間(制)、変形労働時間制、フレックスタイム制と共通なところがあります。
ここ数年、物価急騰や給与上昇等で、人件費コストをいかに削減するかは、経営者の大きな課題になります。このような背景で綜合工時制と不定時工時制を活用する会社が増えてきました。

執筆者:張 春偉

コラムPDFダウンロード

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 人材戦略コラム
  • 中国労働法コラム
  • ■ブログ

    CREA-クレア- 労務管理を創造するブログ
  • ■多田国際はプラン・ジャパンに協賛しています

    子どもと築く、未来のしくみ プラン・ジャパン
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら