多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


アメリカの個人所得税

アメリカの個人所得税の計算方法

個人所得税は、いずれの国においても簡単には次の計算式により算出されます。

(所得-所得控除)×個人所得税率-税額控除=納付すべき個人所得税額

しかしながら、所得控除における住居提供等現物給与の取り扱い、累進課税率の違いにより最終的な税額は国により異なります。アメリカでは、下記のform1040という書式を使って計算します。

【計算方法】
アメリカの個人所得税の計算方法の概略を下記のとおり記載します。

Step1:課税所得(Total Amount(38))を算出します
Step2:個人所得税額を算出します
※参考※アメリカ連邦個人所得税の累進課税率(居住者の場合)
累進税率 ①居住者かつ独身者申告 ②居住者かつ夫婦合算申告 ③居住者かつ夫婦個別申告
10% 0~9,525$ 0~19,050$ 0~9,525$
12% 9,525~38,700$ 19,050~77,400$ 9,525~38,700$
22% 38,700~82,500$ 77,400~165,000$ 38,700~82,500$
24% 82,500~157,500$ 165,000~315,000$ 82,500 ~157,500$
32% 157,500~200,000$ 315,000~400,000$ 157,500~200,000$
35% 200,000~500,000$ 400,000~600,000$ 200,000~300,000$
37% 500,000$~ 600,000$~ 300,000$~
Step3:合計所得税額を算出します

※最終的な納付額(還付)額の計算は、合計所得税額から既納付額を引き、これに翌年度繰越金を加えたものとなります。

アメリカの労働法・社会保険・税務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 人材戦略コラム
  • 中国労働法コラム
  • ■ブログ

    CREA-クレア- 労務管理を創造するブログ
  • ■多田国際はプラン・ジャパンに協賛しています

    子どもと築く、未来のしくみ プラン・ジャパン
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら