多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


アメリカの医療事情

アメリカの医療事情

アメリカでは、もともと自由診療が基本であり、「自分の身は自分で守る」という考えが強かったため、日本のように全員が入る健康保険制度がなく、多くの国民は民間の医療保険に任意で加入していました。
このため、医療保険に加入できない中・低所得者を中心とした国民の6人に1人が、病状が悪化するまで医療を受けられないという事態が起こり、その結果国の医療支出の増加といった弊害も起きていました。
この事態を改善するため、2010年よりオバマケアと呼ばれる医療保険制度改革が始まり、個人の医療保険の加入が義務化され、2014年4月からAffordable Care Act(国民皆保険を目指す医療改革法)が施行されたため、無保険者の数は減少しました。
これにより、ほぼ全てのアメリカ国民と、アメリカに居住している外国人はアメリカ政府が提示するパッケージ以上の基準を満たした医療保険に加入しなければならなくなり、未加入者には罰金の対象となりました。
※なお、日本からの赴任者の場合、日本の健康保険制度に加入していればこれらの罰金の支払いの必要はありません。

◆アメリカの現地法人で加入する団体医療保険

アメリカの医療費は非常に高額であるため、福利厚生的要素として会社が団体医療保険に加入することも珍しくありません。
アメリカの現地法人で加入する団体医療制度は、一人あたり年間50万~100万円程度の保険料であり、保険内容にもよりますが、ある限度額を超えれば保険が下りるというシステムとなっており、自己負担が発生します。
原則的に全ての医療行為が保険給付の対象となり、この点はメリットであると言えますが、その分保険料が高額となります。(尚、歯科については別途歯科保健へ加入する必要があります)

◆海外旅行保険

一方、海外旅行保険は高くても一人当たり年間25万円程度と団体医療保険に比べると定額であり、自己負担が発生しない点はメリットであると言えますが、持病、歯科治療、妊娠、出産等は適用外となります。
尚、前述の通り日本からの赴任者の場合、日本の健康保険制度に加入していればオバマケアによる罰金の支払いの必要はありませんが、日本の健康保険制度未加入で海外旅行保険のみ加入している場合、海外旅行保険の内容がオバマケアで認める基準以下であれば罰金を徴収されることとなりますので注意が必要です。アメリカの場合、日本の健康保険のように自動的かつ画一的にサービスを受けられるのではなく、自身で医療保険のサービスを選択する必要があります。専門家に相談されることをお勧めします。
http://www.yourphilosophy.net/

アメリカの労働法・社会保険・税務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 人材戦略コラム
  • 中国労働法コラム
  • ■ブログ

    CREA-クレア- 労務管理を創造するブログ
  • ■多田国際はプラン・ジャパンに協賛しています

    子どもと築く、未来のしくみ プラン・ジャパン
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら