多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


アメリカの医療事情

必要な予防接種

海外は日本ではほぼかかることのない疾病にかかる可能性があります。予防接種を受けないと危険な地域もありますので、出発する前に、現地で罹るかもしれない病気を調べておき、必ず必要な予防接種を受けてから赴任するようにしましょう。
持病をお持ちの方は、かかりつけ医にその疾患が安定していることを確認して下さい。現地の感染症や流行している病気、生活上の注意点などを確認しましょう。
早め(少なくとも4から6週間前)の受診により、必要なワクチンを接種し免疫をつけた上で出発できるようにしましょう。

地域及び
滞在期間
短期/長期 黄熱 A型肝炎 B型肝炎 狂犬病 破傷風
北米 短期
長期
中南米 短期
長期
接種回数と
有効期間
接種後10日目から生涯有効 2~4週間隔で2回。※6か月以上の滞在なら6か月目にもう1回接種すると約5年間効果が続く 4週間間隔で2回接種し、さらに、20~24週間後に1回接種 4週間隔で2回接種し、さらに6か月から12か月後に3回目を接種 1回の接種で10年間有効な免疫がつく、一人当たり2700円の診察料
費用 10,300円 7,500円
※3回22,500円
7,000円
※3回21,000円
12,400円
※3回37,200円
3,500円

:黄熱に感染するリスクがある地域
:予防接種をおすすめしています
:局地的な発生があるなど、リスクがある場合に接種を検討してください
赴任者1人につき約約4万1千円がかかる計算となります。(3人家族なら12万3千円)数週間置きに複数回の接種が必要なものが多くなっていますので余裕を持ったスケジュールを組むようご留意ください。

アメリカの労働法・社会保険・税務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 人材戦略コラム
  • 中国労働法コラム
  • ■ブログ

    CREA-クレア- 労務管理を創造するブログ
  • ■多田国際はプラン・ジャパンに協賛しています

    子どもと築く、未来のしくみ プラン・ジャパン
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら